不要になったエアコンの処分の仕方

引っ越すときエアコンはどうする?

引越しをするとき、転居先でも今まで使っていたものを使うかどうか、最も迷うのがエアコンなのではないでしょうか?エアコンは他の家電と違い、ただ運んで置くだけでは済みません。取り外しと取り付けに専門的な技術と余分な費用がかかります。また、部屋の広さや壁の材質などによっても必要となる容量が異なりますから、引っ越しをきっかけに新しい物と替える人が多いのです。

 

不要になったエアコンの処分はどうしたらいい?

エアコンは自分で取り外すのが難しいので、家電量販店や小売店に取り外しと引き取りを依頼するのが一般的です。新しいエアコンを買う場合は、購入店に頼むのが簡単で安上がりですが、引っ越し先が遠い場合は、リサイクル料金と運搬費用を払った上で依頼することになります。もちろん、自分で取り外しができるのであれば事前にエアコンのメーカーと容量を調べておいて、家電リサイクル券を郵便局で購入し、指定の引き取り場所へ持ち込むことも可能です。ただし、エアコンは室内にある本体だけでなく、室外機もありますから忘れずに取り外し、一緒に持ち込むようにしましょう。

 

不用品回収業者に引き取ってもらう

家電など、引っ越しの際に出る不用品を一気に回収してもらえるような業者もあります。ただし、無料で回収を行っているようなところは、引き取ったエアコンを不適切に扱い、不法投棄や環境汚染の原因を作っている場合が少なくありません。環境省でもそのような業者に回収を依頼しないようにという呼びかけをしていますから、あまりにも安い費用で回収をしているような業者は避けた方がよいでしょう。

 

引っ越し業者のオプションサービスを利用する

引越しの際に不要品となりやすいエアコンは、引っ越し業者で引き取りや買い取りをしてもらえる場合があります。見積もりの際に、オプションで不要なエアコンの取り外しや引取りなどをしてもらえるかどうかを確認してみるとよいでしょう。他の引っ越し作業の流れの中で行ってもらえるので便利です。ただし、無料では行ってもらえないのが普通ですから、費用などについても事前に確認しておきましょう。