【引っ越しのついでに】エアコンの正しい掃除の方法を解説

引越しを機会にエアコンをきれいに

エアコンを夏場の冷房、冬場の暖房の両方に使っている方は、エアコンが稼働している時間が長く、相当内部が汚れていることが考えられます。
しかし、普段まめに掃除をする方でも、フィルターの掃除だけで、中をじっくり掃除することは少ないかもしれません。
引っ越しは、せっかくエアコンが壁から外れる機会なのですから、徹底的に掃除してみましょう!

 

エアコン洗浄スプレーで掃除

エアコンスプレーはエアコンを傷つけるとか、言うほどきれいにはならないと言う人もいますが、きちんと手順さえ守ればかなりきれいに掃除することが可能です。

準備するもの

用意するものは次の通りです。

エアコン洗浄用のスプレー(エアコン1台当たり1本)

霧吹き

雑巾

プラスドライバー

ビニールシート

脚立などの踏み台

ペットボトル

ガムテープ

 

スプレーを使って本格的なエアコン洗浄を

掃除前の下準備

初めに、下準備として、エアコンのすぐ下に当たる床にビニールシートを広げ、その上に脚立を置いたら、エアコンの電源を抜いてから作業を始めます。
まずは、エアコンの本体から表面のカバーを外してしまいます。
送風口の近くにあるビスカバーを探して、ビスを外ししたら、カバーの下を持って手前に引き上げて外します。

【ポイント!!】

 

中身がむき出しの状態になると、電装部分が一目でわかるので、その部分は濡れないように雑巾やビニールで覆ってガムテープなどで留めておくようにします。

金属部分から掃除

次に、銀色の金属部分をエアコン洗浄スプレーを使って掃除していきます。

金属部分を上から下に向け、まんべんなくスプレーしていくのがコツです。

ファン部分の掃除

続いて、雑巾を片手に液が垂れないようにしながら、ファンの部分にスプレーを吹きかけます。
洗浄液を吹きかけただけで放置するときれいにならないので、この後、銀色の金属部分を上の方からペットボトルを使って、たっぷりの水ですすいでいきます。

このとき、水を注ぐのは銀色の金属部分だけなら、ドレーンから外に排出されるので大丈夫です。

2リットル〜3リットルほどの水を使ってすすいでいきます。

洗浄スプレーだけで、このすすぎをしておかないと、逆にカビを発生させることになってしまうので、きちんと流しておきましょう。

 

本体カバーとエアコンフィルターの掃除

本体カバーは雑巾で丁寧に水拭きし、フィルターは外側から掃除機でほこりを吸った後、内側から水洗いします。
しっかり乾かしたら、本体カバーを元に戻し、電源を差し込んで試運転します。

まとめ

あまり汚れがひどい場合はプロにお任せを

素人が掃除できるのは、購入からそれほど年数の経っていない、汚れの程度が軽いものまでです。
あまり汚れがひどいものは、自分でやろうとすると、余計に汚れやカビを広げてしまうことにもなりかねませんから、手に負えそうもないものはプロに任せるようにしましょう。