自分で取り付け取り外しをする場合

自分でエアコンの取り外す方法

エアコンは自分で取り外すことができれば、引っ越し費用の節約は可能です。しかし、誰でもすぐにできると言うほど簡単ではありません。きちんと順番に取り外していかないと、故障の原因になったり、ケガをしたりする危険性もあります。うまく外すためのコツもありますから、しっかり説明をよく読んで、注意して作業するようにしてください。

 

道具を準備する

エアコンの取り外しには、必要な道具があります。道具を用意できない場合は、業者に頼んで取り外ししてもらった方がよいと言えるほど、素人が取り外すためには道具の準備は大事です。ですから、道具が無いのに見切り発車で取り外しを始めるのはやめましょう。

 

イメージ

必要になる道具は、六角レンチとニッパ、プラスドライバー、マイナスドライバー、カッターナイフ、モンキースパナ、ペンチ、ガムテープ、ビニールテープ、軍手です。六角レンチは、バルブの開閉の際に必ず必要になります。フロンガスのバルブの開閉に使う道具ですので、無いと作業ができません。軍手もケガをしないために絶対に必要ですから用意してください。なるべく厚手の物で、滑り止め加工のあるものがおすすめです。

 

作業効率をアップさせるためには、モンキースパナは2本あった方が便利です。取り外した後の配管の穴をふさぐエアコンキャップやエアコン配管用のパテも前もって用意しておくとよいでしょう。

 

エアコン取り外しの手順

イメージ

エアコンを取り外すにはエアコンを持ち上げる力と基本的な電気に関する知識は必要ですが、後は工具が取り扱えれば取り外すことができますが、安全に作業できそうにないと感じたらすぐに中止して、専門業者に頼むようにしましょう。特に、高いところに設置した室外機の取り外しは素人には難しいのでやめたほうが無難です。

 

そのことを踏まえた上で、手順を説明すると、まずはエアコンの室内機と室外機の設置状況を確認し、室外機のカバーを外します。カバーを外すと、電源コードや配管などが見えるので、バルブのキャップの六角ナットをモンキースパナで外します。送り側と受け側の2か所あるので、両方とも外すようにします。

 

続いてエアコンを強制運転し、中のフロンガスが大気中に出て汚染するのを防ぎます。次に、送り側(細い方の銅管)のバルブを閉め、そのまま2〜3分運転を続けた後、強制運転をしたまま受け側(太い方の銅管)のバルブを六角レンチを使って閉めます。エアコンを停止させたらコンセントを抜いて、バルブのキャップを送り側も受け側も元に戻したら、今度は銅管パイプを外し、電源コードを切断します。黒、白、赤の順番で付け根から5cm以上離してカットしていきます。電源コードの切断が済んだら、室外機を撤去。ボルトを4か所外せば室外機の撤去は完了です。

 

最後に室内機の撤去をします。

 

一般的には、壁の金具に吊り下げられているので、プッシュマークの付いた場所を押しながら室内機を持ち上げれば外れます。銅管とコード、ドレーンパイプを切断する際は、必ず60cm以上残すように切断します。室内機を外すときにも、水が漏れる場合がありますから、周囲にぬれると困るような家電製品などは置かないように気を付けてください。室内機が外れれば作業終了です。終わったら穴はエアコンキャップとパテでふさいでおきましょう。